CPサッカー・障がい児サッカー教室

脳性まひ、もしくは手足に何らかの障がいがあり、独歩ができる小・中学生を対象とします。

また、身体の障がいやダウン症、発達障害により運動が苦手で、独歩ができる小・中学生も歓迎します。

理学療法士の先生がコーチとして指導し、安全で楽しくレッスンができます。

レッスン時間は約1時間半。練習の前後に念入りにストレッチを行います。

練習場所は品川区の公共施設などで行います。開催は月2回程度です。

 

「脳性まひ者7人制サッカー」として、国内では通称「CPサッカー」と呼ばれています。
CPサッカーの「CP」とは英語の「Cerebral(脳からの)」「Palsy(麻痺)」の略で、脳性まひという意味です。
英語表記では「CP Football」とされています。

1984年よりパラリンピック正式種目となっています。残念ながら2020年東京パラリンピックでは、競技種目から外されてしましましたが、
再度2024年パラリンピック種目に復帰できるよう各国で活動をしています。
パラリンピック以外でも、アジアオセアニア選手権や欧州選手権・世界選手権もあり、世界的に盛んに行われています。
世界レベルは高いですが、未来の日本代表選手にチャンスのある競技です。

​ 『一般社団法人 日本CPサッカー』により詳しい情報がホ載っていますので、のぞいてみてください。

OluOluコーチの紹介

菊地 謙

Kikuchi, Ken
DSC_0104.jpg

小児を専門とする理学療法士をしており、学生の時から肢体不自由児の療育キャンプ活動をしています。そういった活動や仕事をしていく中で、様々な子どもと関わる機会が多くあり、子どもたちの可能性にいつも驚かされる毎日を過ごしています。

OluOluの活動の中でも、子どもたちがのびのびと自分らしさを発揮して活動できるコミュニティを作ることができればと考えております。

​僕にとって、ボールは友達です。

​田中 啓太

Tanaka, Keita
IMG_1781.jpg

5歳の頃にサッカーに魅了されてから高校を卒業するまでサッカーを続けておりました。現在は都内総合病院で理学療法士として働いており様々な疾患の患者さんを担当しております。

​みなさんが、やりたいことをやり切れるための環境や社会づくりが必要だなと感じており、今回サッカーを通した関わりができること非常に嬉しく思っています。

渡邊 涼

Watanabe, Ryo

大学では理学療法学を専攻し、理学療法士の資格を取得しました。現在は大学院で、歩行中の知覚情報処理に関する研究に従事しています。僕自身も小学校から高校までの間、サッカーを続け、そこで上手い下手に関係なくスポーツの持つ魅力を学びました。障がいを飛び越え、一人の人間として、運動を通じて得られる経験・楽しさを子どもたちと一緒に共有していきたいと考えております。