CPサッカー・障がい児サッカー教室

OluOluのCPサッカー・障がい児サッカー教室は、理学療法士や児童の発達に関する有識者がコーチとして安全に楽しく指導しています。

【対象】

脳性まひ、もしくは手足に何らかの障がいがあり、独歩ができる小・中学生

または、身体の障がいやダウン症、発達障害により運動が苦手で、独歩ができる小・中学生

いずれも、コーチのお話や指示を聞け、集団での練習に参加できる方

【場所および頻度】

品川区の公共施設などで行います。頻度は月1~2回(天候などにより異なります)。

 

CPサッカーとは?

「脳性まひ者7人制サッカー」として、国内では通称「CPサッカー」と呼ばれています。
CPサッカーの「CP」とは英語の「Cerebral(脳からの)」「Palsy(麻痺)」の略で、脳性まひという意味です。
英語表記では「CP Football」とされています。

1984年よりパラリンピック正式種目となっています。残念ながら2020年東京パラリンピックでは、競技種目から外されてしましましたが、
再度2024年パラリンピック種目に復帰できるよう各国で活動をしています。
パラリンピック以外でも、アジアオセアニア選手権や欧州選手権・世界選手権もあり、世界的に盛んに行われています。
世界レベルは高いですが、未来の日本代表選手にチャンスのある競技です。

​ 『一般社団法人 日本CPサッカー』により詳しい情報が載っていますので、のぞいてみてください。

OluOluコーチの紹介

DSC_0104.jpg
IMG_1781.jpg
olulogo.png

テキストです。ここをクリックして「テキストを編集」を選択して編集してください。