olulogo.png
OluOlu通信

024号
​2021年8月

夏本番、到来です!
 梅雨明け、夏休み突入、そして2020オリンピックが始まった7月中旬。今年こそは、と色々なお出かけやイベントを楽しみにしていた子ども達も多くいたと思いますが、昨年に引き続き、制約の多い夏の始まりとなりました。OluOluでも、昨年12月にサッカー教室に遊びに来てくださった浦選手が所属するCPサッカーチーム エスペランサさんを訪問し、練習に参加させていただこう!とみんなで楽しみにしていましたが、東京都にて4回目となる緊急事態宣言が発出されたことを受け、計画を延期せざるを得なくなりました。楽しみにしていたのでとても残念ですが、訪問できる日を楽しみに、日々の練習に励みたいと思っています。
​ さあ、7月、8月のサッカー教室を振り返ります。7月は、日差しがとても、強かった‼

7月4日。

この日はまだ梅雨明け前で、未明から激しい雨が降っていました。zoomでのオンラインレッスンに切り替え、コーチ、ボランティアスタッフも自宅から参加してみんなでエクササイズを行いました。参加してくれた4名の子ども達は、スタッフや保護者の方の励ましや声掛けに反応しながら、色々なエクササイズに取り組みました。屋外で行うレッスンでは、基本的に保護者の方は少し離れたところから見守っていてくださいますが、オンラインでのレッスンではご家庭で、そして保護者の方の近くで行うので、子ども達の素の様子が垣間見れますね。保護者の方と一緒に行うメニューもあるので、嬉しくて笑い声が絶えない子もいましたね!

 オンラインでのレッスンでは、屋内だからこそできるメニューが盛りだくさんです。小一時間で、じっとりと汗ばむ、良い運動になりました。

1)まずはストレッチ。屋外でも屋内でも、ストレッチで身体を動かず準備をすることは怪我の予防になりとても大切です。自分でもストレッチをする習慣を身に着けられると良いですね。

​2)四つ這いチャレンジ! ポイントは腹筋を意識して、反り腰にならないようにすることです。四つ這いは屋外のレッスンではなかなか取り入れられないメニューですが、とても良いエクササイズになりますね。背中に風船を乗せて落とさないように歩き回る、など、難易度を上げて挑戦しました。

3)タオルジャンプ 床に置いたタオルを飛び越えてみよう!飛ぶ向き、身体の向きを変えてチャレンジしよう。リズムよく飛べるかな?

4)風船リフティング 手の平でポンポンに慣れたら、肩、胸、頭、膝、腿、足など、身体のいろんな部分を使ってリフティングに挑戦。落とさずに出来るかな? お家の人に投げてもらった風船を手以外の身体の部分でトラップしてからリフティングにもチャレンジしてみよう。

​雨が続いた日々。咲いたばかりのひまわりに、小さなカマキリがとまっていました。

⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️

7月の2回目のレッスンは、7月18日。なんとこの日は最高気温が34℃! 強い日差しが照り付けるフットサルコートにて、太陽に負けないくらい元気な7名の子ども達、たくさんのコーチとボランティアスタッフ全員で、楽しくサッカーしました。緊急事態宣言下ということもあり、いつもよりも念入りに消毒なども行いながらのレッスンとなりました。

IMG_1956.jpg

​暑ーい! 日陰でメニューの確認です

 1)「手つなぎ鬼」でウォーミングアップ。2人ひと組になり、どんどん仲間を増やしていくルールです。今回は手をつなぐのではなく、紐の端と端を持ちました。自分はこっちに行きたい、という気持ちだけでは、手つなぎ鬼は上手くいきません。どの方向に向かうのか、だれを捕まえたいのか、速さをそろえるのも大切です。コミュニケーションを取りながら身体を動かすのはサッカーや他のスポーツをする上でもとても大切。そして、スポーツだけではなく、日々の生活でも大切なスキルになりますね。

2)ストレッチで少し身体と心がほぐれたところで、念入りにストレッチを行います。コーチの「1,2,3,4!」の掛け声に、元気よく「5,6,7,8!」と応じていました。みんな、たくましくなったことを随所で感じます。

3)「コーンあて」では、5m離れたコーンに狙いを定めてボールを蹴りました。蹴る強さや向き、ボールのどこに足のどの部分をあてるのか、気にすることがたくさんありましたね。みんな、一蹴ごとに真剣に取り組んでいました。丁寧に動き、それを身体に覚えこませることで、いつか意識しなくても出来るようになる日がきます。練習あるのみ!慣れたら徐々に距離を伸ばそう。

4)「パス練習」。 相手がコーンから人になっても、丁寧に相手に届くように蹴ることが大切です。蹴る前に名前を呼ぶことも、忘れずに!

5)水分休憩をこまめにはさみ、次に取り組んだメニューは、「ドリブルからのシュート練習」。ジグザグにおかれたコーンの間をドリブルで進み、最後はゴールにシュートを決めます。チョコチョコと小刻みに蹴らないとコースから外れてしまいますが、同時にテンポよく進むことも大切です。足元だけではなく、先のコーンの位置も見ながら進めるように練習しましょう!

6)最後は待望の試合!時間いっぱい使って、砂まみれ、汗まみれになりながら走り回りましたね!

レッスン中あまり声を出さなかった仲間が、何度か一緒に練習するうちに、声を出してボールをもらいに行ったり、プレッシャーをかけたり、広く見回してパスを出す相手を探したり。一人一人がそれぞれのペースで出来ることを増やしていっています。

子どもたちにそれぞれに備わった強みやこだわりを、出来るだけ汲み、それが活動に生かせるような工夫をしていきたいと思いながら取り組んでいます。子ども達のご家庭や学校での様子、スポーツなどに対する姿勢など、小さなことでも、是非、シェアしてくださいね。

 

IMG_1959.jpg
IMG_1969.jpg

​「5,6,7,8!」立派な掛け声です

パタパタ!お互いに仰ぎっこ

サッカーのこと、学校のこと、ハマってること…。大切な時間です!

​真剣に蹴ります!

⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️

 8月のレッスンは、熱中症対策のため、zoomでのオンラインレッスンを行いました。8月は暑い毎日が続きましたね。そして、全国的に降雨量がとても多い地域があり、心が痛むニュースもたくさん聞こえたひと月でもありました。どうか、犠牲が最小限に抑えられていますように願うばかりです。

 

 8月29日のレッスンには3人の子ども達が参加してくれました。

​ 「夏休み何をした?」と聞いたところ、新しい犬が家族に加わった子、パパとママと一緒に新幹線に2時間乗った子、富士山の噴火についてハマった子、それぞれにとても興味深い話を聞かせてくれました。自分の話をみんなに伝えるのって、とても素敵なことですよね。また色々と聞かせてくださいね!

 

レッスンでは、まずみんなでストレッチ!夏休み中、家で過ごす時間が長かった子も、少しずつ筋肉を起こしますよ。

両腕を上に上げて左へ右ストレッチ。腕を前で組んで背中を伸ばして、今度は後ろで組んで胸を伸ばします。さらに体全体を前後させて、全身をストレッチします。これだけでも随分とスッキリしますね。

 さて、次にしゃがみます。両足をくっつけて、後ろに転ばないようにするのは意外と難しいもの。でも、みんな問題なくできていました。さらにそこから手を足首につけたまま膝を伸ばして立ち上がりましょう。これはなかなか難しくて、膝が曲がりっぱなしの子が多かったですね。この動きは、普段の練習でも準備運動でやっているので、できるようになると良いですね。

 あとは、片足ずつ立って、(1)両腕を前にする、(2)両腕を上に上げる、という動きをしました。両足共に頑張りましたね。

 次に、四つん這いになって、手でジャンケン!左、右とちゃんとやりましたね。さらには、足でジャンケン!足の指でジャンケンをしたのは、初めてではなかったでしょうか。なかなかチャレンジレベルが高い内容でした。でもみんな果敢に挑戦していましたね。

 

 体幹をしっかりと意識して行う、ゆっくりとした動作は、見た目よりもずっとハードです。すぐに汗がじんわりと滲んできましたね。途中の水分補給も忘れずに!

 お待ちかね、風船(ボール、膨らませた買い物袋など)を使ったエクササイズです。

 手でポンポン、腕、肘も使って自由自在に風船に触れるようにたくさん動きました。とても楽しくできましたね。上手でしたよ!

 足で蹴って、手でキャッチ!両足を上手に動かしながらできましたね。足のどの部分に当たっているのか。どの方向に蹴りたいのかを。この2つを意識しながら蹴りましょう、とコーチから指示がありましたね。みんなそれぞれ工夫して最後まで頑張れました!

 オンラインでのエクササイズは普段の練習とは異なって、リラックスした環境の中で、普段気にすることのない動きを丁寧に指導できる特別な機会です。様々な事情から参加することができないお友達もたくさんいますが、通信でやったことをおさらいしていますので、すきま時間にぜひチャレンジして欲しいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️

 【OluOlu本棚

も ほうちょうも つかわない―平野レミのおりょうりブック』  福音館

子どもの時に初めて作った料理を覚えていますか? ゆで卵だったか、いちごジャムを挟んだサンドウィッチだったか。記憶が曖昧でもう思い出せませんが、今思うととても簡単な料理ではあったはずですが、家族の笑顔と、「美味しい!」という言葉が嬉しかったことを覚えています。

どんなに簡単でも良い、自分のために、家族のために、食事を作れることは、子どもにとってひとつの大きな自信につながることと思います。どうしても、手や口を出したくなってしまいますが、ぐっと堪えて、小さなシェフにお任せしましょう。

この本の料理はとても簡単。でもアレンジが出来たり、ちょっと変化をつけたり、料理の自由な世界を知るきっかけにもなると思います。

そして美味しく食べたら、最後の後片付けまで、頑張りましょうね!

 

OluOluの会員の方で、この本をご覧になりたい方がいらっしゃいましたら、お気軽にお問い合わせ下さいね!

 

 

IMG_2762.jpg

⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️⚽️

【編集後記】

あと少し、あと少し、と自分に家族に言い聞かせて、できるだけステイホームをしながらの、コロナ禍での2度目の夏を過ごしています。状況は変化しつつも、依然として気の抜けないことに変わりはないように感じます。医療現場では今なお、医療従事者の皆さまが大変なご苦労をされていると聞くと、頭が下がります。

賛否両論あった東京2020オリンピック・パラリンピック。東京に住む身としては、たくさんの不安を感じ、首をかしげてしまいたくなることもあります。しかし、テレビを通じて見るオリンピック・パラリンピックの景色には、やはり目が釘付けになります。喜び、悔しさ、尊敬、緊張…。アスリートの皆さんの色々な表情を見ると、改めてスポーツのすばらしさを感じ、心が震える感覚をおぼえます。

スポーツで心が躍り、心が動き、人と繋がる。

私たちOluOluの活動も、参加する児童や関係する多くの人にとって、そんなパワーを持つものになると良いな、と願いながら、活動を進めています。